領収書とレシートのどちらがいいか

領収書

個人事業主が取引の証憑として、領収書とレシートの どちらを保存するのがよいのかという問題があります。

なぜか世の中ではレシートよりも領収書の方が証拠力が強いのではと思われています。

しかし、実際には領収書よりもレシートの方が情報の量が多く証拠力が強いです。レシートで税務調査時にも十分証拠として認められます。

1つの理由として、履歴が残るレジから出力されるレシートと異なり、領収書は店員のさじ加減でいくらでも作ることができるからです。

他にも、例えば領収書は単に金額が書いてあるだけで明細が書いてありません。いつどこでいくら何を買ったのかが分かりにくいのです。

取引の記録を残す場合は領収書よりもレシートの方を優先しましょう。

もし1つの取引に領収書とレシートがそれぞれ1枚、合計2枚ある場合は、誤りの元になるので、1枚を捨てる必要があります。この場合捨てるのは領収書の方です(但し領収書にレシートにはない情報が記載されている場合は除きます)。

以上より、レシートは出るお店であるならば、わざわざ領収書を別途発行してもらう必要はありません。

関連記事

  1. simulator 転売は禁止されるか?それとも市民権を得るか?
  2. zeirishi 比較ビズ記事 税理士の仕事内容は?メリットやデメリットを監修
  3. 会社側から見た通常の税務調査とマルサの違い
  4. 児童手当拡充と扶養控除縮小でプラマイゼロどころかマイナスになる人…
  5. robot RPA(ロボティックプロセスオートメーション)に未来はあるか
  6. 税理士の年齢構成
  7. 格安税理士を使うことの意味
  8. 司法試験がCBT化へ向け検討開始

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著者:税理士 鈴木 康寛

マイクロクラウド会計事務所所長似顔絵

大手監査法人在籍中に上場準備企業に出向して上場準備業務に従事、上場に成功。その後、上場企業の財務経理部門を経て独立開業する。自らもマイクロ法人を設立した経験を活かし『全ての人にマイクロ法人を』をモットーにマイクロ法人の素晴らしさを啓蒙中。

最近の投稿

PAGE TOP