エンジェル税制のタイプAとBはどちらが有利か

非上場会社の株式に投資する場合にエンジェル税制を使って説明することが可能です。エンジェル税制にタイプAとBの二種類があることからまずその違いについて説明します。

タイプAとBの違い

タイプAは、投資時(入口)または非上場のまま売却時(出口)に、投資額を寄付金控除できる。

ただし、もしIPOに成功し売却したら上場株式の売却益課税として20%が過去の所得控除分を加算して納税する。

タイプBは、投資時(入口)または非上場のまま売却時(出口)に、投資額を上場株式の売却益(※)と相殺できる。

ただし、もしIPOに成功し売却したら上場株式の売却益課税として20%が過去の所得相殺分を加算して納税する。

※通常であれば未上場株式の売却損は、上場株式の売却益・配当金受領益と相殺はできない

タイプAとBの共通点

なおタイプABともに共通していることは、投資した会社の株式が最終的に上場せずに未上場のまま売却したり、あるいは当該投資先の会社が破産して無価値になった場合には他の株式等(上場株式もOK)の譲渡益と損失分を相殺することができるという点です。またこの時相殺しきれなかった損失部分に付いては、第3年間繰り越すことができ、将来の他の株式等(上場株式もOK)の譲渡益と相殺することが可能です。

ABとも、投資時に税制優遇を受けた場合は、出口での売却益計算時に過去の優遇税制分を加算して税額計算を行う(課税の繰り延べになる)。

なお、入口時の優遇税制は所得税分のみ対象ですが、出口時の優遇は所得税と住民税の両方が対象になります。

この場合節税の方法としてタイプaとタイプbの二種類があるわけですがどちらの方が有利でしょうか。

結論

基本的には(年収700万円以上あるなら)タイプAの方が有利です。但し、人によってはBの方が有利な場合もあります。

この結論をケース別に細かく分類すると以下のようになります。なお、出口の優遇税制は、いつ適用できるか分からないため、使いにくいことから、以下は入口(投資時)の優遇税制を受けることを前提にしています。

理由

上表の通り、タイプAの場合はいずれのケースにおいても減税の効果が得られます。一方タイプBについてはIPOに失敗しその後売却をしたもののそこから3年以内他の株式での売却益がないケース以外は減税効果を得られず、ただの課税の繰り延べになってしまいます。

もっともタイプAの場合であったとしても投資した時の限界税率が20%以下であれば将来損する可能性もあります。ここで限界税率とはその年の個人に適用される最高の所得税率です。しかしエンジェル投資を行うほどの人は所得にも余裕がある人だと思われるので限界税率が20%を超えているのが通常だと思われます。例えば年収700万円ぐらいの人ならば、限界税率20%ですのでタイプAが有利です。

Bが有利な人は、基本的には給与所得の額が少なく、株の売買による利益が所得の中心になっているトレーダーのような人です。

関連記事

  1. エンジェル税制とふるさと納税の上限額
  2. エンジェル税制の確定申告の仕方(優遇措置Aの場合)
  3. エンジェル税制の確定申告の仕方(資料の集め方)
  4. ultra-cheap エンジェル税制の優遇措置AとBのどちらに投資したかわからなくなっ…
  5. エンジェル税制の確定申告の仕方(優遇措置Bの場合)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著者:税理士 鈴木 康寛

マイクロクラウド会計事務所所長似顔絵

大手監査法人在籍中に上場準備企業に出向して上場準備業務に従事、上場に成功。その後、上場企業の財務経理部門を経て独立開業する。自らもマイクロ法人を設立した経験を活かし『全ての人にマイクロ法人を』をモットーにマイクロ法人の素晴らしさを啓蒙中。

最近の投稿

PAGE TOP