エンジェル税制の確定申告の仕方(資料の集め方)

エンジェル税制の確定申告をする場合にまず資料を集める必要があります。投資を行ったプラットフォームによって資料の集め方に若干の違いがありますので以下プラットフォームごとに分けて説明します。

集めるべき資料

まずどのプラットフォームにも共通して集めるべき資料について説明します。

1.株式投資契約書

2.少額電子募集取扱業者が投資家に交付する確認書

3.株式異動状況明細書

4.発行会社が個人に交付する個人が一定の株主に該当しないことを確認した書類

5.経済産業省からの認定証

エンジェル税制の確定申告に必要なのは上記五つです。まず第一にこれら五つを取得することを始めます。

ファンディーノの場合

ファンディーノの場合は、サイトにログインすることでこれら五つの書類の全てをダウンロードすることが可能です。ダウンロードした書類を紙に印刷して準備が完了出来ます。最終的に印刷した書類を確定申告時に税務署に提出することになります。

確定申告に必要な全ての書類をサイトで一括ダウンロードすることが可能なので管理は非常に楽ですし万が一紛失をした場合でもすぐに再度印刷することができるのでリスクは少ないです。一方で、何社も投資をしている場合自分で紙を大量に印刷する必要があるため、手間はかかります

 

イークラウドの場合

イークラウドの場合は、1.株式投資契約書に関しては投資をしたすぐ後に事務局とやりとりをして入手することになります。これらは郵送で行うことになりますので時間がかかります。

2.~5.の書類に関しては確定申告の時期(概ね1月中)にはイークラウドの事務局から紙の書類が送られてきます。これに関しては特に手続きや申請をすることもなく自動的にイークラウドから書類が送られてきます。ファンディーノの場合と異なり基本的には紙を印刷する必要がないので楽といえば楽ですが、一括でダウンロードするなどの対応ができなかったり、一度紙を紛失してしまうと取り直しになってしまうのでそういう意味ではリスクがあります

まとめ

以上プラットフォーム別の資料の集め方について解説しました次回は具体的な確定申告の手続きについて説明します。

関連記事

  1. エンジェル税制の確定申告の仕方(優遇措置Aの場合)
  2. エンジェル税制の確定申告の仕方(優遇措置Bの場合)
  3. エンジェル税制とふるさと納税の上限額
  4. ultra-cheap エンジェル税制の優遇措置AとBのどちらに投資したかわからなくなっ…
  5. 紙幣 マネー 小規模会社が株式投資型クラウドファンディングでの資金調達は可能か…
  6. エンジェル税制の改正で本来の意味での減税か

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著者:税理士 鈴木 康寛

マイクロクラウド会計事務所所長似顔絵

大手監査法人在籍中に上場準備企業に出向して上場準備業務に従事、上場に成功。その後、上場企業の財務経理部門を経て独立開業する。自らもマイクロ法人を設立した経験を活かし『全ての人にマイクロ法人を』をモットーにマイクロ法人の素晴らしさを啓蒙中。

最近の投稿

PAGE TOP