旧N党への貸付をするなら寄付の方がまし。

旧NHKから国民を守る党が、無期限・無利息・無担保の借入金をお願いしているようです。

旧N党・立花氏「不調なら政治活動休止」無利子無担保3500万円借金お願い「助けて下さい」旧N党内紛で必要と(デイリースポーツ) – Yahoo!ニュース

旧N党の無期限・無利息・無担保で貸し付け行うことは実質的には寄付に近いと思います。

なぜならば、すでに利息払う余力がないので無利息であることからして実質的に債務弁済能力が殆ど無いと思われること、かつ担保となる見るべき財産もないからです。

これであるならば、資金を供給する側の立場で考えれば、貸付でなく寄付でやった方が税制上は寄付金控除も使えるので良いです。

貸付だと返ってくる可能性がある以上は当たり前ですが寄付金控除は使えません。

旧N党への貸付を検討されている方は、貸付でなく寄付を検討されてみてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 税理士の年齢構成
  2. 貯金箱 退職金増税議論が再燃。しかし、減税の可能性も?
  3. 司法試験がCBT化へ向け検討開始
  4. zeirishi 比較ビズ記事 税理士の仕事内容は?メリットやデメリットを監修
  5. 会社側から見た通常の税務調査とマルサの違い
  6. simulator 転売は禁止されるか?それとも市民権を得るか?
  7. 領収書 領収書とレシートのどちらがいいか
  8. 児童手当拡充と扶養控除縮小でプラマイゼロどころかマイナスになる人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


著者:税理士 鈴木 康寛

マイクロクラウド会計事務所所長似顔絵

大手監査法人在籍中に上場準備企業に出向して上場準備業務に従事、上場に成功。その後、上場企業の財務経理部門を経て独立開業する。自らもマイクロ法人を設立した経験を活かし『全ての人にマイクロ法人を』をモットーにマイクロ法人の素晴らしさを啓蒙中。

最近の投稿

PAGE TOP